診療案内

診療内容

眼科

白内障、緑内障、糖尿病網膜症、加齢黄斑変性、網膜はく離、結膜炎、コンタクトの検査、メガネ処方など、眼科全般の診療を行っています。目の痛み、かゆみや見えにくいなど、不調を感じたり健康診断で治療をすすめられたときは、できるだけ早くご相談ください。

診察時間

 
午前 9:00 ~12:30
(受付 12:00まで)
午後 14:00 ~ 18:00
(受付 17:30まで)

※木,土曜日の午後、日曜日,祝日は休診です

糖尿病網膜症とは?

糖尿病網膜症とは、糖尿病によって高血糖とそれに伴う代謝異常により、
網膜の血管が損なわれる病気です。失明の最大原因のひとつになっています。
治療:レーザー網膜凝固術による治療
糖尿病の管理と定期的な眼科の受診をお勧めします。

加齢黄斑変性とは?

加齢黄斑変性は、高齢者の社会的失明の主な原因になっています。
危険性は年齢とともに上昇します。視力が著しく低下し、視野の中心が見えなくなり、
本を読んだり人の顔が見分けにくくなったり、生活の質が低下します。
特に滲出型は急激に視力低下していきますが、抗血管新生薬の登場により、
早期に治療すれば視力維持・改善されるようになってきました。